新潟記念2023

新潟記念は過去10年間で2回も3連単が50万円を超える高額払い戻しを記録するなど、比較的不安定なレースとして知られています。昨年のレースでも、10番人気のカラテが1着、9番人気のユーキャンスマイルが2着、3番人気のフェーングロッテンが3着に入るなど、予想外の展開となり、3連単で70万9120円の払い戻しがありました。このような結果から、新潟記念は下位人気の馬にとってもチャンスがあるレースとされています。このレースは通常、後半のラップが速くなり、決勝は長い直線での追い込み合戦が多い傾向にあります。脚質に注目すると、差し馬が5回勝利し、追い込み馬も3回勝利するなど、中団から後方に位置する馬が成功することが多いです。逆に、先行馬は2回しか勝ったことがなく、逃げ馬はまったく勝てていないという厳しい状況があります。また、上がり3Fのタイムを見ても、1位が5回勝利し、2位が2回勝利しており、年末の末脚勝負が特徴と言えます。今回の出走馬を見ると、サリエラが新潟記念でも末脚を発揮する可能性が高いと評価されています。サリエラは前走の関ケ原Sで上がり2位の末脚を見せ、優勝した実績があり、今回は斤量が53キロと軽く、有力な候補として注目されています。同様に、ファユエンも考慮されており、高配当を狙う上で重要な選択肢となるでしょう。

続きを読む

札幌芝1200Mコース 【 キーンランドカップの特徴と過去の傾向】

北海道札幌市にある札幌競馬場は、キーンランドカップなど多くのレースが行われる、日本でも有名な競馬場の一つです。ここでは、札幌芝1200Mのコース特徴と、過去10年間のキーンランドカップにおける脚質データを紹介します。札幌芝1200Mのコース特徴スタート地点: スタート地点は向正面直線2コーナーから少し左に入ったポケットに位置しています。コース距離: 初めての3コーナーまでの距離は約400メートルあります。高低差: 札幌競馬場の芝コースは高低差が僅か0.6メートルと小さく、ほぼ平坦です。コースの形状: コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴があります。3~4コーナーは緩やかなカーブを描いています。直線距離: 最後の直線距離はコースによって異なり、Aコース時は266.1メートル、Bコース時は267.6メートル、Cコース時は269.1メートルです。芝質: 芝は洋芝で、各クラスで頻繁に使用されており、札幌競馬場の番組の中核を成しています。脚質傾向: このコースではテンから飛ばす前傾ラップのレースが多く、ゴール前は平坦でも最後は凌ぎ合いとなり、ラスト1ハロンの時計がかかります。洋芝でスピードが重視され、基本的に逃げ~先行馬が有利です。ただし、仮柵が外に行くほど逃げ馬の成績はやや悪化することがあります。枠順: 枠順に関して、真ん中より内側が有利で、馬番で言うと10番以内がベストです。一方、8枠は不利で、すんなり先手を奪える馬でないと厳しい状況となります。種牡馬成績: このコー…

続きを読む

北九州記念

北九州記念は芝1200メートルのハンデ戦として行われます。競技場は小倉競馬場で、スタート地点は向正面直線の2コーナーポケットに位置しています。特筆すべきは、芝コースの高低差が2.96メートルで、2コーナーの場所が最高部となっていることです。レースが始まると、スタート後約200メートルほど下り、3コーナーまでの直線距離は約480メートル。そして3から4コーナーにかけてはスパイラルカーブで下り坂となり、最後の直線距離は293メートルです。コース設定は仮柵によってA、B、Cの3つのパターンが用意されており、コースの形態に合わせて前半の600メートルは非常に速いペースで進行します。どのクラスでも水準時計とされるのが33秒台前半ですが、古馬重賞である北九州記念では32秒台になることもあります。3コーナーの入り口では速度があまり落ちず、そのため4コーナーから最後の直線に入る際のコーナリングは予想以上に難しいことがあります。特に小倉芝1200メートルでは外に振られやすいという特性があります。基本的には逃げ~先行馬が有利な状況ですが、前後半の3ハロンのラップ差が激しいため、前が総崩れになることも考えられます。Cコース時には逃げ馬の成績が多少落ちることもあり、馬場状態も結果に大きな影響を与える要因となります。種牡馬成績では、サクラバクシンオーが優れた成績を挙げており、その影響力が示されています。北九州記念 過去北九州記念 過去10年の出走馬171頭のデータを元に、騎手と種牡馬のデータを活用して今回のレースの展望を探…

続きを読む