オパールS2023

オパールS2023が高配当含みのレースかも。京都の芝1200Mでハンデ戦。開幕週とあって前が止まらないので先行できる軽量馬が狙い目。オッズ理論によると、穴レース。穴馬は以下3頭。ディヴィナシオンスンリジャスパージャックその3頭の中でも斤量は背負うが、先行力があるジャスパージャックが要注意。

続きを読む

京都大賞典 2023

競馬ファンにとって、秋の競馬シーズンの幕開けとなる「京都大賞典GⅡ」は、毎年楽しみにされているレースのひとつです。この名レースには長い歴史とユニークなコースが魅力的に組み合わさっています。歴史の一端「京都大賞典GⅡ」は、1966年に「ハリウッドターフクラブ賞」として初めて開催されました。この競走は、3歳以上の競走馬を対象とした別定の重賞競走で、最初のレースは京都競馬場の芝3200メートルで行われました。しかし、翌年から距離が現在の芝2400メートルに短縮され、1974年には「京都大賞典」と改称されました。この競走は、中長距離路線の実績馬たちが秋の始動戦として参戦することが多く、秋のGⅠ戦線へのステップとしての重要な役割を果たしています。天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、ジャパンカップなど、秋のビッグレースへと続く戦線を占う上でも注目の一戦となっています。また、2014年からは優勝馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられ、ますます競走の価値が高まりました。コースの特徴「京都大賞典GⅡ」は京都競馬場で行われ、芝2400メートルの外回りコースを使用します。このコースは、競走馬にとってユニークな特徴を持っています。競走のスタート地点はホームストレッチの4コーナー寄りに位置しており、内回りの芝2000メートルと同じスタート地点を共有しています。スタート後、競走馬は上り坂を越え、スタンド前を通過してから1コーナーに向かいます。1コーナーから2コーナー、バックストレッチにかけては比較的平坦なコースとなっています。し…

続きを読む

毎日王冠:アドマイヤハダルの挑戦!

競馬ファンの皆さん、毎日王冠がもうすぐですね!このレースはサイレンススズカ、エルコンドルパサー、グラスワンダーの「3強」が顔を揃えた1998年以来、多くのビッグネームが名を連ねていますが、本気度を感じることが難しい時期になっているようです。ジャパンカップ、香港国際競走、米ブリーダーズCなど、秋のメインイベントが増えたことで、毎日王冠は〝叩き台の叩き台〟となりつつあります。今年はさらに、天皇賞・秋にはイクイノックスとドウデュースという「BIG2」が出走する予定で、賞金に余裕のある馬がフル仕上げで臨む可能性は低いでしょう。そこで注目すべきは、次のステップを確実に踏むために毎日王冠で結果を出さなければならない馬、アドマイヤハダル(牡5・大久保)です。彼は2週前と1週前に栗東ウッド6ハロンでビシッと追い切りを行い、本気度を示しています。「順調にこれていますし、右回り、左回り問わずに走れ、どんな競馬でもできるのが強みですね」と、谷口助手は話します。皐月賞では4着、中山記念では3着、鳴尾記念でも3着と、彼の実力は重賞戦線で通用することが明らかです。前走の関越Sで2着に惜敗しましたが、谷口助手は「あれでも自分の時計を詰めての2着でしたからね」と語ります。勝ち馬のストーリアが記録した1分44秒4は、コースレコードにわずか0秒3差。アドマイヤハダルが激走Vを決めた勝ち馬を称賛しています。「今は重賞でも崩れるイメージが湧かないですね。この馬の力さえ出せれば、ここでもやれるはずです」と、谷口助手は自信を見せています。ア…

続きを読む