新潟芝1600m 血統

関屋記念と同舞台の新潟芝1600Mのデータを集計。データは新馬、未勝利、未出走を除く5年間で1286レース。で、関屋記念で狙える種牡馬を選ぶ際には、勝率、連対率、複勝率、単勝回収値、複勝回収値、単勝適正回収値を考慮しながら、コースの特徴も加味して判断することが重要です。以下にデータを参考にして、関屋記念で狙える種牡馬を選んでみましょう。エピファネイア:勝率21.3%、連対率27.7%と安定した数字を示しており、単勝回収値も高い。上がりの速い競馬が得意なため、最後の600-800mでのパフォーマンスが期待できる。ロードカナロア:勝率12.7%、連対率20.6%ともに良好な数字を持つ。単勝回収値も67と高め。距離適性があるため、1600mのレースで活躍が期待される。キズナ:勝率13.9%、連対率25.0%ともに好調。単勝回収値は63となっており、コース適性が高い可能性がある。モーリス:勝率9.1%、連対率18.2%とやや控えめな数字だが、単勝回収値は35と高め。1600m戦での能力があり、終盤の脚を生かせるかが鍵となる。ドゥラメンテ:勝率12.9%、連対率25.8%と安定した数字を示す。単勝回収値も26と高い。上がりの速い競馬が得意で、最後の直線での差し切りが期待できる。ディープインパクト:勝率7.3%、連対率24.4%とやや低いが、単勝回収値は23と高め。コース適性がある馬を選ぶ際には注意が必要。ルーラーシップ:勝率7.3%、連対率12.2%と控えめな数字だが、単勝回収値は103と高い。コース適性を…

続きを読む

レパードステークス 血統

新潟ダート1800Mのレパードステークスで狙い目の種牡馬をピックアップするために、種牡馬別の成績データを分析します。種牡馬の血統は競走馬の走りに大きな影響を与える要素であり、過去5年分の5140レースの集計結果を基に、優れた成績を持つ種牡馬を見つけ出します。まず、勝率や連対率が高い種牡馬は、その子孫たちに競走力があることを示しています。これらの種牡馬の子供たちは、レースで上位に食い込む確率が高くなるため、狙い目となるでしょう。例えば、モーリスという種牡馬は、7回の出走で勝率18.4%、連対率36.8%と非常に高い成績を記録しています。また、ハーツクライ種牡馬も17回の出走で勝率12.9%、連対率20.5%と優れた数字を持っています。さらに、単勝回収値や複勝回収値も重要な指標です。これは、種牡馬の子供たちのオッズに対して、どれだけの利益を生み出しているかを示すものです。高い回収値を持つ種牡馬は、評価が低いと思われる子供たちでも結果を出す可能性が高いため、狙い目となるでしょう。例えば、モーリス種牡馬の単勝回収値は152、複勝回収値は150と非常に高い数字を記録しています。また、ブラックタイド種牡馬の単勝回収値も70と高い水準です。これらの成績データから、モーリス種牡馬やハーツクライ種牡馬などが特に狙い目の種牡馬として挙げられます。これらの種牡馬は、競走馬に優れた走りを伝えることが期待されるため、レパードステークスでは注目して見逃すことのできない存在です。レパードステークスの開催が楽しみです。競馬ファン…

続きを読む

函館2000m芝

函館芝2000Mは競馬の中でも重要な距離であり、種牡馬の適性や子供たちの成績に大きな影響を与える要素の一つです。以下では、7月以降の函館芝2000Mでの種牡馬別着度数データを分析し、種牡馬の成績傾向についてご紹介します。【データ分析】ヴィクトワールピサヴィクトワールピサの着度数は4-1-1-5/11であり、勝率は36.4%、連対率は45.5%、複勝率は54.5%です。単勝回収値は264、複勝回収値は104となっています。キングカメハメハキングカメハメハの着度数は3-3-2-15/23であり、勝率は13.0%、連対率は26.1%、複勝率は34.8%です。単勝回収値は64、複勝回収値は65となっています。マンハッタンカフェマンハッタンカフェの着度数は3-2-2-16/23であり、勝率は13.0%、連対率は21.7%、複勝率は30.4%です。単勝回収値は114、複勝回収値は94となっています。ディープインパクトディープインパクトの着度数は2-5-1-29/37であり、勝率は5.4%、連対率は18.9%、複勝率は21.6%です。単勝回収値は24、複勝回収値は74となっています。ハービンジャーハービンジャーの着度数は2-4-3-25/34であり、勝率は5.9%、連対率は17.6%、複勝率は26.5%です。単勝回収値は22、複勝回収値は47となっています。【まとめ】函館芝2000Mでの種牡馬別着度数データから、複数の種牡馬の成績を分析しました。ヴィクトワールピサ、キングカメハメハ、マンハッタンカフェなどは着度…

続きを読む