新潟芝1600

新潟芝1600Mのコース特性と騎手データを考慮し、関屋記念で狙える騎手をコースの特徴を加味して選びます。データは新馬、未勝利、未出走を除く5年間で1286レースを集計しました。関屋記念は最後の直線に入ってからの仕掛けが重要であり、最後の600~800mで速い上がりを使うことがポイントとされています。また、コースの特性から逃げの馬には厳しいコースとされていますが、道中の調整や上がりの速さが求められるため、騎手の手腕が試される場と言えます。狙える騎手:ルメール着別度数: 4-2-0-1/7勝率: 57.1%連対率: 85.7%複勝率: 85.7%単勝回収値: 125複勝回収値: 105単勝適正回収値: 131.0ルメール騎手は速い上がりを使う能力に長けており、着別度数の内2着以上の割合が高いことから、最後の直線での仕掛けが得意な騎手と言えます。また、コースの特性に合わせて騎乗できると考えられます。このデータから、関屋記念のコース特性である最後の600~800mでの速い上がりを使うことが求められることを踏まえ、ルメール騎手が有力な候補と言えます。ただし、馬の状態やレース展開も考慮しながら選択することが重要です。

続きを読む

エルムステークス 血統

エルムステークスが開催される札幌ダート1700Mの種牡馬別成績TOP15調べてみました。そこで、特に注目すべき種牡馬に騎乗する騎手をピックアップしたので、お届けいたします。ヘニーヒューズ産駒 - 着別度数: 10回、勝率: 11.9%、連対率: 21.4%、複勝率: 29.8%、賞金合計: 17529万円ヘニーヒューズ産駒は札幌ダート1700Mでの成績が非常に優れています。10回の出走で8回の勝利を挙げ、着別度数のうち約半数で連対しています。複勝率も高い数値を記録し、単勝回収値が68、複勝回収値が142と相応の実力を持っています。エルムステークスではヘニーヒューズ産駒に注目し、どのような活躍を見せるのか期待が高まります。ハーツクライ産駒 - 着別度数: 9回、勝率: 14.1%、連対率: 31.3%、複勝率: 35.9%、賞金合計: 18355万円ハーツクライ産駒も札幌ダート1700Mでの成績が非常に優秀です。9回の出走で11回の連対と、ほぼ全てのレースで上位入線を果たしています。複勝率も35.9%と高水準で、単勝回収値が103、複勝回収値が104と安定感があります。エルムステークスではハーツクライ産駒にも要注目です。マジェスティックウォリアー産駒 - 着別度数: 8回、勝率: 14.8%、連対率: 25.9%、複勝率: 42.6%、賞金合計: 9805万円マジェスティックウォリアー産駒もエルムステークスで見逃せない存在です。8回の出走で6回の勝利を挙げ、複勝率が42.6%と高水準を維持しています…

続きを読む

札幌ダート1700m

札幌ダート1700Mの騎手別成績TOP10を見ると、ルメール騎手が特に目立つ成績を持っていることがわかります。彼の着別度数は24回で、そのうち勝利は16回、連対は8回と非常に高い勝率と連対率を誇っています。また、複勝率も51.6%と安定していて、単勝回収値も77、複勝回収値も75と十分な値を示しています。さらに、単勝適正回収値が79.4と高いことから、彼の騎乗する馬にはオッズに対して十分な期待値があると言えるでしょう。そして、賞金合計が27483万円と最も高額なことも注目に値します。次に、横山武史騎手も魅力的な成績を持っています。彼の着別度数は20回で、勝率は13.6%、連対率は23.1%となかなかの数字です。複勝率も32.7%と安定しており、単勝回収値も65、複勝回収値も65とバランスが良いです。賞金合計も26779万円と高額なため、彼の騎乗する馬にも期待が持てるでしょう。横山和生騎手も着別度数16回、勝率14.7%、連対率25.7%という成績を持っています。複勝率も38.5%と高い数値を記録しており、単勝回収値が259、複勝回収値が107となかなかの好成績です。賞金合計も25460万円と十分な実績を積んでいます。これらの成績から考えると、札幌ダート1700Mのレースで特に狙い目となる騎手はルメール騎手、横山武史騎手、横山和生騎手の3人と言えるでしょう。彼らは高い勝率、連対率、複勝率を持ち、単勝回収値や複勝回収値も良好な数字を記録しています。加えて、賞金合計も高額であり、実力ある騎手たちとして知…

続きを読む