天皇賞 ドウデュース

26780346_s.jpg秋の天皇賞、ダービー馬ドウデュースが騎手変更で7着に終わったというニュースを読んだ。レース中に主戦の武豊騎手が馬に蹴られるアクシデントがあり、急遽戸崎圭騎手が騎乗することになったそうだ。

騎手が変更になると、馬とのコンビネーションが十分にとれないことが予想される。そのため、スタートで躓いてしまい、リズムが崩れてしまったのだろう。騎手も馬もできる実力を発揮できなかった結果だろう。

武豊騎手のケガは大丈夫だったのか心配になる。馬と騎手は命を預け合う関係だから、馬に蹴られるのはショックが大きいに違いない。

天皇賞はレース中にアクシデントが重なった形だが、ドウデュースにはまだ可能性がある。ダービー馬だからには実力があるはず。今回は条件が悪かっただけで、次のレースで力を発揮できると信じている。

関係者のみなさん、ご努力に敬意を表したい。次のレースで結果を出せることを期待している。応援している女性ファンも多いだろうから、がんばってほしい。アクシデントに負けず、再起を期す強い心を忘れないでほしい。

この記事へのコメント