京都大賞典 2023

26780346_s.jpg競馬ファンにとって、秋の競馬シーズンの幕開けとなる「京都大賞典GⅡ」は、毎年楽しみにされているレースのひとつです。この名レースには長い歴史とユニークなコースが魅力的に組み合わさっています。

歴史の一端


「京都大賞典GⅡ」は、1966年に「ハリウッドターフクラブ賞」として初めて開催されました。この競走は、3歳以上の競走馬を対象とした別定の重賞競走で、最初のレースは京都競馬場の芝3200メートルで行われました。しかし、翌年から距離が現在の芝2400メートルに短縮され、1974年には「京都大賞典」と改称されました。

この競走は、中長距離路線の実績馬たちが秋の始動戦として参戦することが多く、秋のGⅠ戦線へのステップとしての重要な役割を果たしています。天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、ジャパンカップなど、秋のビッグレースへと続く戦線を占う上でも注目の一戦となっています。また、2014年からは優勝馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられ、ますます競走の価値が高まりました。

コースの特徴


「京都大賞典GⅡ」は京都競馬場で行われ、芝2400メートルの外回りコースを使用します。このコースは、競走馬にとってユニークな特徴を持っています。

競走のスタート地点はホームストレッチの4コーナー寄りに位置しており、内回りの芝2000メートルと同じスタート地点を共有しています。スタート後、競走馬は上り坂を越え、スタンド前を通過してから1コーナーに向かいます。1コーナーから2コーナー、バックストレッチにかけては比較的平坦なコースとなっています。しかし、内回りコースとの分岐地点には小さな上り坂が存在し、外回りの3コーナーに向かう際には競走馬に挑戦を投げかけます。最後の直線は473.6メートル(Aコース使用時)で、二度目の坂を越えてゴールに向かいます。

この直線は非常に長く、競走馬たちは脚を使いながらも決め手の鋭さを要求されるため、レースのポイントとなります。競走馬が勝負所までいかに末脚を温存するかが、勝敗を左右する要素の一つと言えるでしょう。また、コース内での折り合いの良さも成功に不可欠な条件です。

注目すべき競走馬たち


2023年の京都大賞典GⅡには多くの競走馬が出走予定ですが、特に「上がり3ハロン」の脚が速い馬たちに注目が集まっています。その中でも、ヒートオンビート、インプレス、ヴェラアズールが要注意の存在と言えるでしょう。

まず、ヒートオンビートはその名の通り、レース終盤に圧倒的なスピードを発揮する馬です。長い直線が魅力の京都競馬場のコースで、最後の直線での末脚がヒートオンビートの得意とするところです。この馬はスタートからレース中盤までじっくりと脚を温存し、最後の直線で一気に加速します。競走馬たちが疲れ果てる中、ヒートオンビートがその名にふさわしい熱いレース展開を見せることが多いです。

次に、インプレスは長距離戦での実績があり、特に上がり3ハロンのタイムが素晴らしいものです。この馬は終盤での脚を使い、競走馬たちを圧倒することがしばしばあります。京都大賞典では、最後の直線でインプレスが持っているスピードを発揮し、そのままゴールに向かう瞬間が見逃せません。

そして、ヴェラアズールは非常にスタミナに優れており、長い距離を走破する力を持っています。そのため、京都大賞典の2400メートルのコースにも適しており、最後の直線での脚を使って他の競走馬たちに差をつけることができるでしょう。ヴェラアズールはスタートから終盤まで一貫して安定したペースを保ち、最後の直線でのスパートが非常に強力です。

これらの競走馬たちが2023年の京都大賞典GⅡでどのような競り合いを見せるのか、競馬ファンにとって非常に楽しみな瞬間です。彼らの上がり3ハロンの脚がレースを左右することでしょう。競馬ファンは、この名レースでの熱いバトルを楽しみにしていることでしょう。

この記事へのコメント