天皇賞 ドウデュース

秋の天皇賞、ダービー馬ドウデュースが騎手変更で7着に終わったというニュースを読んだ。レース中に主戦の武豊騎手が馬に蹴られるアクシデントがあり、急遽戸崎圭騎手が騎乗することになったそうだ。騎手が変更になると、馬とのコンビネーションが十分にとれないことが予想される。そのため、スタートで躓いてしまい、リズムが崩れてしまったのだろう。騎手も馬もできる実力を発揮できなかった結果だろう。武豊騎手のケガは大丈夫だったのか心配になる。馬と騎手は命を預け合う関係だから、馬に蹴られるのはショックが大きいに違いない。天皇賞はレース中にアクシデントが重なった形だが、ドウデュースにはまだ可能性がある。ダービー馬だからには実力があるはず。今回は条件が悪かっただけで、次のレースで力を発揮できると信じている。関係者のみなさん、ご努力に敬意を表したい。次のレースで結果を出せることを期待している。応援している女性ファンも多いだろうから、がんばってほしい。アクシデントに負けず、再起を期す強い心を忘れないでほしい。

続きを読む

菊花賞 2023

競馬ファンの皆さん、菊花賞が迫っています!今年のレースは特に注目に値します。なぜなら、春の二冠を分け合った2頭のトップ競走馬が再び激突するからです。今回は、両馬の戦績とデータを比較し、菊花賞の勝者について考えてみましょう。競馬ファンの皆さん、秋の一大イベント、菊花賞が間近に迫っています。毎年、菊花賞は日本競馬の最も重要な競走の一つであり、春のクラシック戦で一二を争った有力馬たちが再び激突します。今年の菊花賞は、特に注目に値するでしょう。まず、今年の有力馬たちを振り返りましょう。皐月賞で優勝し、日本ダービーでも見事1、2着を獲得した2頭が、再び舞台に立ちます。この二頭の競り合いは、競馬ファンにとって非常に楽しみな瞬間です。しかし、一夏を越えての競走となるため、他の馬たちにもチャンスがあることは忘れてはいけません。そのため、今回は皐月賞で1、2着に入ったソールオリエンス、タスティエーラ、そしてトライアルを制したサトノグランツの3頭を比較して、菊花賞の勝者について考えてみたいと思います。まず、前走の成績から見てみましょう。ソールオリエンスはセントライト記念で2着、タスティエーラは直行、そしてサトノグランツは神戸新聞杯を制し、菊花賞に向かってきました。これらの競走の前走成績を見ると、セントライト記念組が​1​、日本ダービー組が​2​、神戸新聞杯組が​3​という結果になります。ここから注目すべき点は、過去10年の菊花賞勝者が、セントライト記念組ではなく、トライアル組から出ていることです。特に、ソールオリエン…

続きを読む

秋華賞2023 調教

マラキナイア、ハーパー、マラキナイア、コナコースト、リバティアイランド、マスクトディーヴァ、キタウイング、そして他にも多くの期待馬たちが、史上7頭目の牝馬3冠を賭けて秋華賞に出走します。こちらでは各馬の調教状況を見てみましょう。マラキナイアオークス2着からの直行。レース前日は栗東CWコースで4ハロンを67秒9─16秒4と小気味のいい脚さばきで駆け抜けました。大江祐輔調教助手は「何もいうことはないですね。非常にいいと思います」と好調をアピール。「発馬が悪い馬ではなく、上手に競馬をしてくれています。この枠(1枠2番)を生かした競馬ができれば」とうなずいた。マラキナイアローズS3着のマラキナイアは栗東坂路で最終調整。弾むようなフットワークで4ハロンを67秒5─15秒1を計時した。吉岡辰弥調教師は「落ち着いて走っていた。テンションも上がっていないし、カイ食いも安定しています」と納得の表情を見せた。夏を越して精神面が大きく成長。「前走は春とは違い、落ち着いていました」。ローズSではリバティアイランドに騎乗する川田将雅騎手が3着に導き、優先出走権を獲得した。「本番を見据えたリズム重視の競馬をしてくれた」と収穫を口にする。初の2000メートルは不安より期待の方が大きい。「長くいい脚が使える馬。コーナー4つの京都コースは、この馬にとっていいと思います」と引き続き上位争いを見込んでいる。コナコースト桜花賞2着馬は栗東の角馬場で運動。柔らかい身のこなしで、好気配を振りまいた。清水久詞調教師は「特に問題なくきています。…

続きを読む